事例紹介

倉庫部門

物流システム構築補助、バン出し、ピッキング作業への取り組み 倉庫部門
物流システム構築補助、バン出し、ピッキング作業への取り組み

J社は、主に中国から雑貨の輸入卸を行っていますが、近年の売上拡大に伴い自社倉庫が手狭になり、新たな物流拠点とより効率化の図れる新物流システムの構築が急務でした。そこで、当社の拡張可能性のある倉庫とJ社の業務に合ったシステムの構築、併せてコスト削減に繋がる物流加工提案を行い、採択に至りました。

事例を読む
原料から製品までの一括取扱い提案 倉庫部門
原料から製品までの一括取扱い提案

S社は原料及び製品を仕入先・販売先毎に、自社倉庫と複数の外部倉庫に保管されていました。結果、在庫場所が多岐にわたり、業務担当者の事務作業が煩雑になり、また、各倉庫会社が手配したトラックが出入りする為、工場内が大変混雑する状況でありました。そこで当社は、原料・製品の業務窓口の一本化とトラック手配の一元化を提案し、S社が業務簡略化と工場内混雑の解消が図れることにより採択に至りました。

事例を読む

運輸部門

製品出荷時の一括集荷、路線便発送代行の提案 運輸部門
製品出荷時の一括集荷、特積便発送代行の提案

C社は納入先や出荷先が全国各地のメーカーとなっているため、これまで納入先・出荷先に合わせて数十社の特積便を利用していました。そのため輸送事務が煩雑化し、出荷時には多数の運送業者の車輌で大変混雑していました。そこで、当社で一括して集荷を行い、発送業務を代行することを提案。事務処理の効率化や発送業務の簡素化、コスト削減に着目され、採択に至りました。

事例を読む
当営業所を拠点とした、共同配送の構築 運輸部門
当営業所を拠点とした、共同配送の構築

S社は県内で同じ製品を生産している他社が3社あり、出荷先が同一方面にも関わらず、各々の会社から別々に直接出荷されていました。また、その製品の特性上、納入時刻や品質の管理は極めて厳しいものでした。そこで、S社を含む4社に対して、当社の自社便で集荷し、配送先毎に仕分けし、それから専属便にて共同配送することを提案し、採択に至りました。

事例を読む
当社のネットワークを活用したコスト削減および業務効率化の提案 運輸部門
当社のネットワークを活用したコスト削減および業務効率化の提案

A社は岡山の工場で生産し、主に関西で販売展開を行っておられます。当社は、関西に複数の拠点があり、それぞれの拠点から発着する車両を活用した輸送コストの削減を提案、それがA社のニーズと合致し、成約に至りました。

事例を読む

国際貨物部門

中国(上海)からのアパレル製品を、ハンガーコンテナ利用によるバイヤーズコンソリデーション・サービスで輸送費削減と納期短縮及び可視化を実現
国際貨物部門 中国(上海)からのアパレル製品を、ハンガーコンテナ利用によるバイヤーズコンソリデーション・サービスで輸送費削減と納期短縮及び可視化を実現

K社は以前、複数の商社より個別に製品を仕入(輸入)されていました。
そこで、商社の中国国内で生産された製品を当社が提携している検品センターに集約して検品・補修・仕上げを行い、コンテナに混載して船積みし、到着後はCYのまま当社の営業所の保税蔵置場に搬入し、直ちにデバン・通関を行う一貫物流を提案し、輸送費の削減と納期の短縮化が図れることにより採択に至りました。

事例を読む
製品輸出における、環境問題やコスト削減を目指した木箱梱包から強化ダンボール梱包へのシフトと、引取~船積までの物流一貫構築による物量最適化のご提案
国際貨物部門 製品輸出における、環境問題やコスト削減を目指した木箱梱包から強化ダンボール梱包へのシフトと、引取~船積までの一貫物流構築のご提案

過去、N社の製品は2つの工場で木箱梱包され、主に輸出されていました。ただ、 既存の業者から改善提案が無い状態が続き、また、複数の工場で別々に梱包され出荷・船積みされていた為、必要以上の経費がかかっていました。
そこで当社は、環境に配慮した強化ダンボールでの梱包と一貫物流による輸送の最適化を提案し、その経済性と環境負荷の低さから採択に至りました。

事例を読む
国際貨物部門 国内工場から中国工場までの輸出一貫取扱によるリードタイム短縮

日本側での顧客訪問だけではなく、中国の工場への当社上海駐在員事務所の所長の訪問により現地輸入ご担当者の意見、問題点を伺い、その内容を日本側にフィードバックすることで使用する船会社の変更や船積書類の事前準備により納期を短縮することが可能となり、採択に至りました。

事例を読む

ビジネスサポート部門

一括管理によるコスト削減提案 ビジネスサポート部門
一括管理によるコスト削減提案

A病院は病床数で全国トップクラスの病院。その病院内で、相当量のカルテやフィルムが保管されていました。
最近のカルテは電子化されていますが、古いカルテは棚に紙で大量に保管されており、病院内のかなり大きなスペースを占有していました。
以前より、A病院ではカルテの保管スペースを「地域の憩いの場」として有効活用したいとの意向を持っておられましたが、箱詰作業や運搬作業が大変であり、計画の段階で留まっていました。
今回の当社からの提案が、短納期で比較的安価な「梱包・引取・保管の一括提案」であった為、A病院のニーズと合致し、成約に至りました。

事例を読む
ビジネス書類の全国規模での保管 ビジネスサポート部門
ビジネス書類の全国規模での保管

F社は全国の10数ケ所の営業所に分散してビジネス書類(箱)を保管されていました。そこで、当社の倉庫とWebシステムを活用して、その書類を西日本・東日本の各拠点で集中管理をすることを提案し、その利便性と管理コストの軽減に着目され採択に至りました。

事例を読む