コンプライアンス・ガイドライン

中央倉庫グループは、コンプライアンス(法令等遵守)を経営の重要課題と位置付け、その一層の徹底に取組むため「企業行動規範」を制定し行動の指針とするとともに、「コンプライアンスの基本方針」等を定めています。

遵守事項

  1. 法令等の遵守
    国内外の法令、社会規範および社内規則等を遵守し、社会的良識をわきまえた事業活動を遂行します。
  2. 人権・人格の尊重
    当社グループの事業活動に関る全ての人の人権、人格、個性、多様性を尊重し、差別のない働きやすい企業風土を確立します。
  3. 情報の保護
    当社グループの事業活動において知り得た個人情報・顧客情報・機密情報は適正に管理し、無断で第三者への開示や、不正使用等は行いません。また、第三者の機密情報の不正入手は行いません。
  4. 公正な企業活動
    自由・公正・透明な市場競争に基づく適正な取引を行い、社会の厚い信頼を得られる企業活動を行うとともに、政治・行政との健全かつ正常な関係を保持します。
  5. 適時・適正な情報開示
    当社グループの情報は、透明性・適時性・公正性・継続性・機密性を確保した上で積極的に開示し、株主はもとより、広く社会とのコミュニケーションを行います。
  6. 環境保全
    省エネルギー、排出・廃棄物の削減、再利用など地球環境保全、資源保護に自主的、積極的に取組み、グリーン経営を推進します。
  7. 地域社会への貢献
    地域社会との関りを積極的に持ち、地域経済・文化の発展に貢献します。
  8. 安全と衛生
    職場の安全、健康の確保は事業活動に不可欠な関係であることを十分認識し、最優先課題として取組みます。
  9. 反社会的勢力との対決
    市民社会の秩序や安全に脅威を与える反社会的勢力および団体とは、毅然とした態度で立ち向かい、またその活動を助長するような行為は一切行いません。
  10. 違反行為と処分
    本行動規範に違反した場合は、厳正に対処します。