コーポレートガバナンス

コーポレートガバナンスに関する基本的な考え方

当社は、「誠実」「進歩」「挑戦」の企業理念、コーポレート・スローガン「未来を預かる、未来を運ぶ」にもとづき、倉庫業を核として経済活動に不可欠な公共性の高い総合物流事業を営んでおります。その事業の性格から中長期的な観点により、持続的な成長と中長期的な企業活動の創出に努めております。
また、当社は株主をはじめ顧客・従業員・地域社会等の立場を踏まえたうえで、透明・公正かつ迅速・果断な意思決定を行うための仕組みであるコーポレートガバナンスを適切に実践し、当社、投資家ひいては経済全体の発展にも貢献することを目指しております。

コーポレートガバナンスに関する基本方針

  • 株主の権利・平等性の確保
    株主の権利が実質的に確保されるよう適切な対応を行うとともに、株主の実質的な平等性を確保します。
  • 株主以外のステークホルダーとの適切な協働
    当社の持続的な成長と中長期的な企業価値の創出のため、様々なステークホルダーとの適切な協働に努めます。
  • 適切な情報開示と透明性の確保
    当社の財務情報や非財務情報について、適時・適切に主体的に開示を行い、透明性を確保します。
  • 取締役等の責務
    取締役会は、株主に対する受託者責任・説明責任を踏まえ、当社の持続的な成長と中長期的な企業価値の向上を促し、収益力・資本効率の改善を図ります。
  • 株主との対話
    当社の持続的な成長と中長期的な企業価値の向上に資するため、合理的な範囲で株主との建設的な対話を行います。

コーポレート・ガバナンス体制図

コーポレート・ガバナンス体制図

当社は、コーポレートガバナンス・コードを踏まえた「コーポレートガバナンス・ガイドライン」を制定しております。


また、当社は東京証券取引所に「コーポレート・ガバナンスに関する報告書」を提出しております。